御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2021年12月31日

当ブログの考察は当事者の体験に基づく内容です。ご了承の上でお読みください。

初めての方はこちら

はじめに/目次

 このウィンドウは画面内のどこかをタッチ/クリックすると閉じます。

言壁の棺 — 発達障害考察ブログ

Calm or fact. Choose either.

当事者の本当の境遇④—高校生期



高校生期

 体はほぼ大人になり、精神的にも蛹を破る準備に入る歳頃であるが、当事者はここでやっと蛹になれたところである。

 本章では、中学生の間に勉強の仕方を習得できなかった、発達障害の診察を受ける機会はなかった、と仮定して話を進める。

 

   ◇ ◇

 

 高校では思考がより社会的になり面倒事を避けようとする。当事者も中学生期の厳しい経験により大多数は病識を持ち、平穏な日常を維持する為に言動には慎重になっている。相応の回避スキルを身につけている。

 

   ◇ ◇

 

 その点で中学校よりも平穏に暮らしやすいといえるが、所詮は学校である。言葉の使用量が極端に減るわけでもない。症状がちょっと目立たなくなっただけで、むしろ「潜んでしまう」と考えたほうがよい。

 

   ◇ ◇

 

 勉強ができないことにより底辺の荒れた高校へ進学。毎日どこかで不良同士の喧嘩、かつあげ、授業崩壊。否応なしに耳に入ってくる罵詈雑言。自分に向けられた言葉ではなくても脳は吸収してしまう。そこにいるだけで不良になると考える。そんな不良たちよりもテストの点数はかなり低い。

 

   ◇ ◇

 

 そういう高校にいる教師は不良生徒に対する注意や指導に積極的ではない。その教育的指導の矛先は大人しい生徒に向けられる。この当事者も例外ではない。隣の席の友達とちょっと私語をしただけで怒られる。「ちゃんと注意をする先生」を装う為に利用される。

 

   ◇ ◇

 

 奇異な言動はいじりの対象になりやすく、バラエティ番組の芸人・アイドル司会のように振る舞う騒がしいクラスメイトの興味を惹きやすい。その関係性が近くなりすぎると毎日のようにおもちゃにされて勉強どころではなくなる。相手が一線超えた不良の場合は学校にいられなくなり、自主中退に追い込まれる。

 

   ◇ ◇

 

 部活動では趣味趣向が合うことにより友達ができやすいが、楽しさが衝動性を煽り、常識が麻痺し、不快になる失言をやらかして孤立する。

 人間関係の軋轢に加えて、周りがやっていることがわからない、なぜか自分だけが大会の日程を知らないなど、足並みを揃えたりスケジュールに合わせた判断ができない。

 

   ◇ ◇

 

 アルバイトをすれば、過度なケアレスミスと職場での人間関係、仕事の習得の部分でトラブルを抱えやすい。社会性の無さは「まだ学生」という点で習得までの時間を与えられるが、それでも職場との相性次第では行きづらくなり、3ヶ月と経たずに自主退職を選択する。

 

   ◇ ◇

 

 失敗からの反省。反省からの分析。分析からの学習。学習からの人生。その営みを欠かさずしているはずなのに、何度も同じ過ちを繰り返す。

 依存症者がどれだけ心に誓っても同じ過ちを繰り返してしまうのと同じであり、この習性は小学生の時から変わらない。

 

   ◇ ◇

 

 言葉の使用量を減らさない限り衝動性と麻痺は鎮まらない。が、それが原因であり改善の方法であると気づける者はまずいない。なんとか卒業まで漕ぎ着けても、その頃には自分の将来に何の希望も持てなくなっている。

 

高校生期のポイント

・大体は中学生期の境遇をそのまま引き継ぐ。言葉の使用量は大して変わらないので症状が自然に改善することはない。

・不運が重なると自主中退に追い込まれる。不良高校へ進学するくらいなら通信制高校を選んだ方が良い。

・来たる社会人生活の為に、高校生の内にアルバイトをして自分の症状の重さを確認しておきたい。