御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2021年12月31日

当ブログの考察は当事者の体験に基づく内容です。ご了承の上でお読みください。

初めての方はこちら

はじめに/目次

 このウィンドウは画面内のどこかをタッチ/クリックすると閉じます。

言壁の棺 — 発達障害考察ブログ

Calm or fact. Choose either.

当事者の本当の境遇②—小学生期



小学生期

 幼稚園や保育園と違い、小学校ではお昼寝の時間がなくなり、周りにいるクラスメイトの人数も一気に増える。遊びや運動の時間は減り、半日のほとんどはじっと座ったまま先生の話を聞き、教科書を読み、ノートをとる時間になる。

 

   ◇ ◇

 

 人の言葉を聞く、文章を読む、思考で使う、それら言葉の使用量が入学までの日常とは比較にならないほど増加する。多種多様な言葉に一日中囲まれた状態になる上、その境遇に伴って強まる衝動性を鎮める時間も激減する。常時、全身から酒を注入されているような状態に陥る。「子供は小学校に通うことにより発達障害の症状が発症・定着してしまう」と考える。幼児期に症状らしい症状が現れなかった子でも、小学生生活が始まった途端に調子が悪くなる子が現れる。

 

   ◇ ◇

 

 当事者はこの頃から「授業中に席を立って徘徊する」「忘れ物がなくせない」「声のボリュームがおかしい」「字が綺麗に書けない」「他の生徒とよく喧嘩をしてしまう」「とつぜん歌い出してしまう」「気分が悪くなる」「眠気が強まる」「記憶が混乱する」など、無数の酔い症状に見舞われる。意識はシラフのままなので、心身の異常として認識することが難しい。

 

   ◇ ◇

 

 強まりすぎた衝動性と麻痺のせいで、言動が有形無形のルールから外れたものとなり、クラスメイトからは嫌われやすく、周囲の大人からは怒られやすい。

 意識の主導権が脳の衝動性基準になっている為、現在までの経緯や過去の反省を分析して行動することができず、何度怒られても同じことを繰り返してしまう、周囲から嫌われてもそれも察知できず、友達のように話しかけてしまう。それらの様子が周囲との軋轢を加速させる。怒りや警戒、防御反応を複数の生徒が一方的に向けることにより、いじめ状況が形成される。

 

 逆に衝動性と麻痺の強さが「いじめ行為」をさせることもある。相手が嫌がっているのに自分が楽しい場合、その遊びの延長がいじめ状況を形成する。

 

   ◇ ◇

 

 思ったことがそのまま口から出てしまう習性のせいで、言葉から建設的な会話をしたり考えて想像する脳の使い方が育ちにくい。その習性は勉強にも影響が出る。低学年の頃は平均点以上取れていても、高学年以降から急にテストの点が下がりだす。教科書やテストの文章が理解できないせいである。

 

   ◇ ◇

 

 例えば算数だと「1+1=」は理解できても、「りんごが1つ、みかんが1つ、合わせていくつ?」と書いてある場合は、足し算なのか引き算なのかがわからない。点数が取れる問題は選択問題や、覚えていれば答えられる漢字や用語を書くだけの問いばかりになる。

 ここに授業中徘徊や私語、クラスメイトとの喧嘩などが重なり、通信簿は「1」ばかりになる。

 

小学生期のポイント

・使用する言葉の量が一気に増え、症状が顕著に現れるようになる。症状は酔っ払った様子に相似する。

・勉強、運動、人間関係など、あらゆる事柄でトラブルを起こす。トラブルを避ける為に自重することで、症状が目立たない子もいる。

・個別授業などで周囲の生徒数を減らす、授業時間を調整するなど、言葉の使用量を減らす配慮は理に適っている。