御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2021年12月31日

当ブログの考察は当事者の体験に基づく内容です。ご了承の上でお読みください。

初めての方はこちら

はじめに/目次

 このウィンドウは画面内のどこかをタッチ/クリックすると閉じます。

言壁の棺 — 発達障害考察ブログ

Calm or fact. Choose either.

幕間74:映画館で妻が気絶した。



 今日封切りの映画を観に行ったら鑑賞中に妻が離席。二十分経っても戻ってこないので様子を見に行ったら、通路の脇に並べて置いてあるスツールチェアに顔をあずける感じでうずくまっていた。

 具合を聞くと「トイレで吐いた・少し気絶してたと思う・おなか痛い・頭いたい・体あつい」とのこと。映画館に入る前に寄ったレストランで、刺激の強いポテトとビール(小)を入れたが、原因はほぼ間違いなくそれだなぁと判断。空きっ腹だったから。

 その位置からは入退場口が見えてスタッフも立っているので、ずっと放置されたのかと思ったが、この場でうずくまったのはついさっきとのこと。まぁいいかと思いつつ、映画は諦めて数分ほどその場で声をかけながら様子を見た。

 妻の話を総合すると、私が過去に「急性胃腸炎」になった時と症状がそっくりだった。一応、救急車を呼ぶ可能性を考慮しつつ、スタッフに声をかけて水をお願いした。その後、お白湯を持ったスタッフと救護スタッフが来てくれた。ちょうどその時、妻は自力で歩いてまたトイレに行ったところなので、ここでしばらく様子を見るといってスタッフは解放した。

 それからまた20分ほどその場で休んだあと、なんとか動けるようになったのでスタッフに礼を言って退場、帰宅。映画は半分ほど鑑賞していたが、スタッフの方から返金までしてくれた。また観に行かなければ、ね。

 

   ◇ ◇

 

 ちなみに自分が急性胃腸炎になったのは全部で3回。

 一度目は20歳くらいの時。原因はたぶんコンビニで食ったあんまん。おそらく痛んでいたんだけど初めて食ったこともあり、味のおかしさに気づかずに完食。それから4時間後くらいに腹痛+熱+嘔吐。意識が飛びそうになりながらトイレへ。数時間後に症状は鎮静。

 2度目は25歳の時。その日もいつものように会社のオフィスで仕事してたら急に吐き気。そしてトイレで嘔吐+下痢。あんまんで腹を壊した時と症状が同じだったのと、ちょうどノロウイルスが流行っていた時期なので、体調不良を理由に早退。その日1日しんどかったけど翌日には症状も鎮静。原因はたぶん前日夜の暴飲暴食。というかこの頃はろくなもん食っていなかった。

 3回目は27歳くらいの時、2回目とは別のブラックな会社で働いていた時のこと。その日も残業確定で、本来の退勤時間になったあたりで急に気分が悪くなってトイレへ。原因はたぶんランチに食べたカレー。トイレで嘔吐したあと下痢。一旦デスクに戻って体調不良を理由に退社。とにかく体が熱くて、ビルの入口付近で動けなくなり仰向けになってしまった。そこで限界を感じて救急車を呼んだ。救急車を待っている間、仰向けでゼェゼェ言ってる様子を気に留めてくれた別のオフィスの女性が声をかけてくれて、水を買ってきてくれた。その後病院行って問診と点滴だけ打って帰された。腹痛の原因は詳しく検査しないとわからないからよほどの症状じゃないとやらないんだと。帰り道で下痢止め買って、翌日には症状も鎮静。

 この経験があるから今日も慌てずにすんだってのもある。

 

 胃腸の不調はストレスもあるから、精神的に合わない職場で働いている人は年に何度もこういう腹痛を起こすはず。妻も最近絵を描きすぎている気がしたから、しばらく休むように話した。