御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2021年12月31日

当ブログの考察は当事者の体験に基づく内容です。ご了承の上でお読みください。

初めての方はこちら

はじめに/目次

 このウィンドウは画面内のどこかをタッチ/クリックすると閉じます。

言壁の棺 — 発達障害考察ブログ

Calm or fact. Choose either.

幕間73:就職困難者って?



 来週あたりにも離職票が届くだろうか。手続きについて調べ直している時に「就職困難者」という項目が目に留まった。障害者など求職するにあたって何らかの制限を受ける人は就職困難者に分類され、失業保険の面で優遇処置があるようだ。例えば今の自分の場合ただの自己都合なので失業保険の給付期間は90日だが、就職困難者扱いなら「300日」になる。就労移行に通える時期も倍以上増える。これはありがたい。

 

 いい情報をみつけたが、モヤモヤも残った。失業保険の申請に着手するのは今回の転職活動が初めてとはいえ、初めて知った。今まで全く自分のアンテナに入らなかったのはなんでだ。

 失業保険について何度かハロワにも問い合わせているが、この説明が一度もなかったのはなぜだ。障害者手帳持っていることも話したのに。

 私はこういう、「それ調べてたら普通それも知ってるよね」というところから、なんでか知らんけどこぼれてしまう。

 

 そんなもやもやを抱えつつ、今日も自己アピ用論文で参考文献に含めた論文の精読。全文読んだわけじゃなかったからね。

 今日読んだ論文には、「恐らく」とか「もしかしたら」といった言葉が普通に使われてて、そのことが意外だった。そういう書き方がありなら自分の論文ももうちょっと読みやすくできたなぁ。知らない単語とかよくわからん実験データとかはわからないままl気にせず読んでいるけど、それでも発見や気づきはある。勉強できるって楽しいな。