御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2021年12月31日

当ブログの考察は当事者の体験に基づく内容です。ご了承の上でお読みください。

初めての方はこちら

はじめに/目次

 このウィンドウは画面内のどこかをタッチ/クリックすると閉じます。

言壁の棺 — 発達障害考察ブログ

Calm or fact. Choose either.

経過観察5:初胃カメラ体験



 9時過ぎに病院着。昨晩『Outer Wilds』やりすぎたてしまったせいで眠い。

 受付を終えてベンチで待つ。一度呼ばれて問診を受けた後またベンチ。

 その後、別室に呼ばれて麻酔用の注射のコネクタ?みたいなの刺し、腕にくっつけたままベンチへ戻り、「胃を綺麗にする薬」を飲まされた。これが見た目は濁った水。味はゲロマズ。その後、口に入れられたゼリーの麻酔は悪くなかった。

 数分後に呼ばれていよいよ内視鏡。言われるがまま診察台の上で横になる。口にマウスピースはめて、コネクタから麻酔流し込まれて、あ〜そろそろ始まるなって思っていたら、なんかいつの間にか終わっていた。

 寝た記憶がないのに内視鏡を入れられた記憶がない。看護師さんが色々準備してる→胃カメラをやる先生が挨拶にきた→もうすぐ始まるなぁ→名前呼ばれた→立ち上がってベンチ。これが俺の記憶。静脈麻酔すごすぎなんだけど。

 

 その後、診察で何にも異常なしということがわかった。縦偏気腫だと思われたものは、「傍気管嚢胞」というやつで、治療の必要ないようだ。

 

 

現在の項目

  • 体重:現在71kg。目標68kg
  • 筋肉:体重が目標になったら再開
  • 縦偏気腫&食堂憩室:傍気管嚢胞だった。治療の必要無し。
  • 帯状疱疹:治療中。ほぼ完治だけどまた赤い。かゆみはほとんどない。たまに痛み。