御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2021年12月31日

当ブログの考察は当事者の体験に基づく内容です。ご了承の上でお読みください。

初めての方はこちら

はじめに/目次

 このウィンドウは画面内のどこかをタッチ/クリックすると閉じます。

言壁の棺 — 発達障害考察ブログ

Calm or fact. Choose either.

幕間4:「人間の常態は寝ていること」という研究について思ったこと



 「人間の常態は寝ていること」という研究について、原文は英語が読めないので日本のニュースブログのまとめを流し読みしただけだが、所感を述べる。

   ◇ ◇

 私は長年の発達障害考察を通して「人間の人格意識とは脳の依存的働きの副産物」だと考えた。人格とは依存症の一種であり、現代において人間の意識は〝言葉を要因とする依存症〟によって維持されている、ということ。

 依存症は要因を増やすことである程度は思い通りに形成できるし、逆に要因を遠ざけることで治療することもできる。ここは、「人格は変えられる」「人格は消せる」ということが言いたい。

 

 では「主人格」を維持してる要因を遠ざけて「治療」した場合、その人の意識や活動様式はどうなるのか?

 

 恐らく行動選択の基準が信号レベルになって、睡眠の時間が増えるはず、というのが以前この研究ニュースを知った時に思ったことだった。

 人間の活動理由の大部分は人格意識によるものなのだから、それを消すことによって活動する理由が「無くなる」あるいは「活動する時間が減る」、その状態に伴って「睡眠時間が増える」と推理するのは順当な帰結だと思う。