御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2021年12月31日

当ブログの考察は当事者の体験に基づく内容です。ご了承の上でお読みください。

初めての方はこちら

はじめに/目次

 このウィンドウは画面内のどこかをタッチ/クリックすると閉じます。

言壁の棺 — 発達障害考察ブログ

Calm or fact. Choose either.

昔話50:中学生の時、クラスメイトの前でペンギンのように手をバタつかせた話



 中学生になってすぐだったと思う。私はクラスメイトの前で、ペンギンのように手をピコピコとバタつかせていた。みんなは私をみて笑った。なんでこうなったのか。

   ◇ ◇

 入学して2日目だったか、3日目だったかな。まだ入学したてでクラスメイトの名前もほとんど知らない頃だ。担任が前に立ってみんなに話をした。何の話だったかは忘れたが、クラスのことか、学校行事に関することだったと思う。その件で、クラス内の生徒から1名を選ぶ必要があった。

 担任はまずやりたい人、と言って立候補者を募った。数名が手を挙げた。私も手を挙げた。何事も経験だ、と思って手を挙げた記憶がある。

 しかし必要な人員は1名だ。そこで、立候補者は前に出てじゃんけんをすることになった。民主的だ。

   ◇ ◇

 立候補者は4〜5名だったと思う。まぁこれなら分ける必要もないだろう、ということで一斉にじゃんけんをすることになった。そして私は勝利した。最初の1回目だったか、何度かあいこを挟んだかは覚えていない。

 

 勝った瞬間、私の体は自動的に動いた。

 ペンギンのように手首から先だけを横にして、ピコピコとばたつかせて小刻みにジャンプしながら言った。

「やったー!」

   ◇ ◇

 それは「おぼっちゃまくん」の「うれピギャース」の動きだった。全然似ていないと思うが自分はそのつもりだった。

 うれピギャースはおぼっちゃまくん茶魔語の一種であり、御坊茶魔が嬉しい時に行う動作である。記憶違いでなければ、手足だけが翼竜の翼と脚となり、その翼をばたつかせて泣きながら飛び上がる動作である。

   ◇ ◇

 私は小学生の時から高確率で、嬉しい時にはうれピギャースの動作をした。ほとんど条件反射で、その動作をこの時にもしてしまったのである。

 その動作の直後、どっと笑い声がおこった。手をバタつかせながらピョンピョンはねていた私は咄嗟に動きを止めた。「しまった!」と思った。流石の私も自分の歳でやる動きじゃないことは理解できた。

 

 この日を境に私は茶魔語を卒業した。