御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2021年12月31日

当ブログの考察は当事者の体験に基づく内容です。ご了承の上でお読みください。

初めての方はこちら

はじめに/目次

 このウィンドウは画面内のどこかをタッチ/クリックすると閉じます。

言壁の棺 — 発達障害考察ブログ

Calm or fact. Choose either.

昔話46:中学生の時まで続いたオノマトペがクラスメイトの注意一発で治った話



 私が話す言葉にはとにかく「オノマトペ」が多かった。オトマトペとは擬音のことである。「キーン」とか「ドーン」とか、私が話す言葉にはそんな単語がよく出てきた。何か意味があってそうしていたわけではない。語彙が乏しかったせいだと思うが、擬音を使わないと言葉が作れなかったのだ。

   ◇ ◇

 例えば「コンビニへ急いで行った」は「コンビニへぴゅーっと行った」とか「キーンと行った」、「プールで泳いだ」は「プールでばしゃばしゃ泳いだ」などなど、修飾語にあたる部分やその前後で擬音を使うことが多かった。

 この症状は比較的早く治ったこともあり、当時の喋り方をあまり思い出せないのだが、大体の様子は想像できたと思う。

   ◇ ◇

 これが治ったのは中2の時だった。最初の違和感は国語教師だった担任のいじりだった。何の話だったかは忘れたが、授業中に当てられて昨日の放課後の行動を話すことになった。別に怒られたとかそういう話ではない。

 私は普通に話していたのだが、オノマトペが多かったのだろう、先生はニコニコしながら、「はい、キーンねw ピューとねw」と私のオノマトペの部分をオウム返ししたのである。

 このいじりをきっかけに、「自分の言葉には擬音が多い」と気付いても良かったと思うが、この時は気づけなかった。

   ◇ ◇

 それから数日後だったと思う。休み時間にクラスメイトのAくんと担任と私で談笑をしていた。その会話の最中にAくんが「お前その効果音やめろw」と私に言った。この時に数日前の先生のいじりの意味と、自分の話し方に擬音が多いことが理解できた。

 

 不思議なことに、私のオノマトペ癖はこの注意を境にピタリと止まった。