御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2021年12月31日

当ブログの考察は当事者の体験に基づく内容です。ご了承の上でお読みください。

初めての方はこちら

はじめに/目次

 このウィンドウは画面内のどこかをタッチ/クリックすると閉じます。

言壁の棺 — 発達障害考察ブログ

Calm or fact. Choose either.

昔話37:映画のDVDを買ったあと紛失し、近くにいたおじさんをボデイチェックした話



 24歳。放浪旅前に一人暮らしをしていた頃の話。ちなみにまだストーカー云々の前の出来事。たぶん統合失調症寄りの話。

   ◇ ◇

 休日に駅前まで歩いて行き、駅前のTUTAYAでDVDを買った。(と思う)

 テレビ放映とレンタルで観たことのある映画のDVDだった。(と思う)

 それから帰宅コースについたけど、自宅アパート前まで来たところで気が変わった。(と思う)

 DVDを持ったまま近所のコンビニへ行き、ATMでお金を引き出した。(と思う)

 そして近所のパチンコ屋に行って、ボロ負けして帰宅した。(と思う)

   ◇ ◇

 帰宅した私は、手にDVDを持っていないことに気が付き、慌てながらパチンコ屋へ走って戻った。

 自分が座っていた席まで戻ると、おじさんが着席して打っていた。私は席の後ろを何度も通り過ぎる振りをして辺りを確認したが、私の買い物袋はなく、DVDはどこにもなかった。

   ◇ ◇

 私は近くにいた店長らしき人物に声をかけ、買い物袋を持ったまま入店したが紛失してしまった旨を話し、防犯カメラの映像で、私が荷物を持っていたかどうか、持っていたならどこへやってしまったかを確認してほしい、とお願いした。

 店長は迷いながらも了承してくれた。

 もしかしたらいま席に座っているおじさんが盗んだかも、とは言わなかった。言ってないはず。

   ◇ ◇

 しばらくして店長が戻ってきた。私は店に入った時点から何も手に持っていなかった、という。店長の話ははっきりとした口調で、いい加減な回答ではないことは伝わった。

 それでも私は諦めきれずに、店長との会話を終えた後おじさんのところへ直行し、事情を話して「あくまでもお願い」という低姿勢でボディチェックをさせてもらった。おじさんは拒否せず立ち上がって受けてくれたが、「なんや! 盗ってないぞ!」と怒った。私は動きを止めず、手のひらでパン、パン、パン、と服の上から軽く手を当て、買い物袋やDVDケースの感触の有無を確かめた。どこにもそんな感触はなかった。

 

 私は「すみませんでした」と言い、店から出ることにした。その時、通路の奥から店長がずっとこっちを睨むように見ていた。私は今の状況が怖くなった。

   ◇ ◇

 DVDはどこへ行ったのか? そう考えながらアパートの方へ足を向けた。その帰路の途中、コンビニのATMで金を引き出した時、横にあったコピー機の上に買い物袋を置いたことを思い出した。正確には「置いた気がした」である。

 まだあるかもしれないし、店員が見つけてカウンターの忘れ物入れに保管しているかもしれない。私は走ってコンビニへ戻った。

 

 しかし、そのコンビニにも私のDVDはなかったのである。防犯カメラの映像はお願いしなかった。ここで以前クレームをつけたことがあり、あまり目立ちたくない、と思ったからだ。

   ◇ ◇

 帰宅してからも呆然とした気が抜けなかった。その内に私の思考は「そもそも本当にDVDを買ったのか?」という疑いに向けられた。

 財布の中を見る。たしかカードで買ったはず、だから現金は減ってない。レシートは袋の中に入れた気がした。つまり、財布を見てもわからない。

 買った証に値するものはなにも持っていなかった。

   ◇ ◇

 私はまた歩いて駅前のTUTAYAに戻り、DVDを手に取った棚の前に立った。ちなみに駅前まで歩いて30分ほどかかる。

 店内に入った私は一直線に進み、たしかこのへんにあったはず、と目で探した。欲しいと思ったDVDは棚になかった。つまり自分が手に取って購入した、ということだ。そう判断して「買った」ことを確実のものとした。

 いま思えば店員にお願いして、POSレジの購入記録を確かめてもらえばより確実だったわけだが、そこまでの発想は持てなかった。

   ◇ ◇

 ではDVDはどこへ行ったのか? それから数日ほど考え続けたが、結局DVDの所在はわからなかった。そして最終的に私が出した結論は、「買っていない可能性が極めて高い」ということだった。

 

・駅前のTUTYAでDVDを買い、その後立ち寄った場所はパチンコ店とコンビニのみ。そのどちらにもDVDを所持していた痕跡がない。

・DVDを購入した時にレジで支払いをしたはずだが、その記憶がない。

・DVDの販売価格が思い出せない。

・DVDを入れた買い物袋の見た目が思い出せない。

TUTAYAから家まで戻る道中、自分が買い物袋を持っていた記憶がない。

・欲しいと思ったDVDはレンタルとテレビ放映で観たことがあり、中古価格とはいえ買ってまで欲しくなるとは思いにくい。ちなみにタイトルは「インビジブル」(透明人間のやつ)。

   ◇ ◇

 つまり真相は、「欲しいと思ったが結局買わなかった。棚にないのは、一度は欲しいと思って手に取ったが、結局買わないことにして別の棚に戻した」が正解だ。では「買った記憶・手に持っていた記憶」はどこから来たのか?

 

 それは恐らく、統合失調症の症状だと思う。

 この体験について診察を受けたことがないので全ては推測だが、記憶の明度が夢で見た映像に近いし、この体験のあとストーカーをしたり精神状態がすごく荒れていくので、当たらずと雖も遠からず、ということでいいと思ってる。