御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2021年12月31日

当ブログの考察は当事者の体験に基づく内容です。ご了承の上でお読みください。

初めての方はこちら

はじめに/目次

 このウィンドウは画面内のどこかをタッチ/クリックすると閉じます。

言壁の棺 — 発達障害考察ブログ

Calm or fact. Choose either.

昔話32:三角定規の先端よりこわいものの話



 掃除機は過去の話。これは現在進行形。

 とがったもんがこわい。三角定規はその代表例である。どっちかっていうとコンパスの針よりもこわい。コンパスの方が鋭いのに、なぜか三角定規の先端の方がこわい。たぶん三角定規のほうが、刺さった時の傷口がひどいことになるからだと思う。針はプスッとなるだけだが、三角定規ならぐちゃぐちゃになるだろう。

 今回はそれよりもこわいものの話。

   ◇ ◇

 素足のサンダルがこわい。見ただけで怖い。こわさランキングだと、素足のサンダル>>>>>>三角定規>コンパス くらいの超えられない差がある。

 サンダルがこわいといっても、流行りの穴空きタイプのやつじゃなくて、ビーチサンダルやトイレサンダルのように指が剥き出しになるタイプ限定である。

   ◇ ◇

 素足にサンダルを見ると自動的に「足の甲がハイヒールで踏まれた時の痛み」とか「足の指ごとエスカレーターに巻き込まれた時の痛み」とかが脳にインストールされる。ほんと勘弁してほしい。