御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2021年12月31日

当ブログの考察は当事者の体験に基づく内容です。ご了承の上でお読みください。

初めての方はこちら

はじめに/目次

 このウィンドウは画面内のどこかをタッチ/クリックすると閉じます。

言壁の棺 — 発達障害考察ブログ

Calm or fact. Choose either.

昔話10:休日は片っ端から電話をかけて遊び相手を探した話



 いつからだったろう。小6の時はそうだった。もしかしたら小5からだったかもしれない。日曜日の私はよく連絡網を片手に電話をかけていた。一緒に遊ぶ友達を探していたのだ。流石に全く接点の無い相手には電話しなかったが、雑談ができる程度の相手には女子にも電話をかけた。

   ◇ ◇

 友達がいなかったわけではない。友達と遊ぶ約束ができなかった時にそうしていたのだ。と言うとおかしくない行動のように思えるかもしれないが、一人で過ごすことができなかった、ということだ。

 でも、当時は全く変に思わなかったのだが、私はみんなから断られていた。遊んでくれる相手はいつも決まった2〜3人の相手で、その他のクラスメイトと一緒に遊べた記憶がない。

   ◇ ◇

 用事があるから駄目、(親が)でかけているから駄目などなど、理由はどれも尤もらしいものだった。当時の私は馬鹿だったが、流石に何度も同じ理由で断られると「嘘なのでは? 本当は家にいて暇なのでは?」と思うことができた。でも「自分と遊びたくない可能性」を疑ったことは一度もなかった。「嘘だとしたらなんで断るんだろう?」と疑問に思うこともなかった。「嘘なのでは?」と思うだけだった。

 断られた記憶の方が多い気がするのは、女子にも電話をしていたからだと思う。小6ならそろそろ男女の違いを意識する頃だと思うが、私はそんなこと全く意識していなかった。

   ◇ ◇

 発達障害の特性の話で「一人遊びが好き」というのがあるけど、「嫌われて誰も一緒に遊んでくれないけど、遊びたい気持ちが収まらないから一人で遊んでいるケース」があるので間違えないようにしてほしい。