言壁の棺

Calm or fact. Choose either.

発達障害の正体は依存症④―カリギュラ効果と意識の波について

 発達障害の境遇を理解する上で欠かせない観点がある。それが「カリギュラ効果」である。

 例えば「このスイッチを押してはいけない」と言われると、逆に押したくなる衝動が強まってしまう心理現象のことだ。

 誰にでも起こる現象であり、これ自体は正常な脳の働きである。

 しかし発達障害者は衝動性と麻痺の働き方が強い為に、このカリギュラ効果の影響を受けまくりながら生きている。それ以外のことが考えられなくなるほど強まってしまうのだ。

   ◇ ◇

 私たちは教育の過程で常識や正義、勉強や運動など、社会人になる為、生きていく為に必要なことを周囲の大人たちから学ぶ。しかしこれらも強制されればカリギュラ効果の影響を受けてしまう。理屈上、したほうが自分の為になることはわかっていても、どうしてもやりたくなくなってしまうのだ。

 最初のスイッチの例えでは「~してはいけない」が「~したくなる」だったが、「~しなさい」は「~したくない」になるということ。

 発達障害者の「やりたくない衝動」はもがき苦しむほど強くなる。特に勉強について、自分からやるつもりだったのに親から強制された途端、やる気がゼロになって反発した人は多いはず。普通の人にとっては人生の1コマで済むが、この当事者の場合は、通常の教育でさえ、反社会性を増幅させてしまうケースがあるということだ。

   ◇ ◇

 ここまで他者から命令されたケースを例えに話を進めたが、カリギュラ効果は自分の意識の中にある言葉からも発生する。「このスイッチを押してはいけない」と言われ、カリギュラ効果によりスイッチが押したくなる。ただそれで終わりではない。記憶にある「このスイッチを押してはいけない」の影響により、スイッチが押したくなる気持ちが更に強まる。逆に「押してはいけない」という命令を受任する方の社会的判断が更にカリギュラ効果を生む。普通の人は的を絞れるが、発達障害者はカリギュラ効果の連鎖により混乱してしまう。

   ◇ ◇

 拒絶は受任、受任は拒絶と話してきたが、それは意識上の受け取り方であって、脳では別の現象が起きている。脳は見聞きしたものを全て取り込んでしまうのだ。

 例えば虐待を受けた子供が「自分は虐待をする親にはならない」と心に誓いながら生きたとしても、それは意識上の可否であって、脳はただ単に「虐待」に関する情報を取り込んで習性にしてしまうのだ。それはやがて衝動となり、意識上で新たなカリギュラ効果を生む種となる。

 これが虐待を受けた子供が親になって虐待親になる経緯である。

   ◇ ◇

 カリギュラ効果によって生じた衝動は時間経過により鎮まっていく。しかしまた思い浮かべたり、誰かから同じことを言われたりすると同様の衝動が発生する。この衝動の増幅と減衰は波の引き寄せをイメージすると良い。

 増幅が減衰を上回るとその衝動は大きな津波となって意識を飲み込んでしまう。発達障害界隈にいる人には経験があるだろう。発達障害者が依存症に陥りやすい理由であり、自殺願望や希死念慮もこの波が増幅した末に形成される津波である。

 衝動性が強まるということはそれだけ麻痺も生じているということ。簡単なことがわからなくなり、生活する為の思考もできなくなる。最終的に生き方がわからなくなるのである。カリギュラ効果は普段は気にしないことを気にしてしまうのだ。

   ◇ ◇

 カリギュラ効果によって生じた意識は果たして自分の意識と言えるのか? 答えはノーだ。人生の大部分では自分の一面として認識しても問題はないだろう。しかしこの脳の働き方を悪用して人を騙したりコントロールする輩がいる。騙された人たちは口々にこう話す。「なぜあの時おかしいと思えなかったのか」と。それはカリギュラ効果によって生じた意識を、自分ではないと思えなかったからである。

   ◇ ◇

 このカリギュラ効果の話において理解しなければならないことは、意識の中には「自分の振りをする脳」がいつもどこかに潜んでいるということ。

 発達障害者はその特性と境遇故に、普通の人よりも注意や命令を多く受けながら生きることになる。いわば当事者の平常心とは、脳という「他人」に衝動性に主導権を握られている状態なのである。