言壁の棺

Calm or fact. Choose either.

発達障害の正体は依存症①―衝動性と麻痺、遺伝について

 私は長年の考察の末、発達障害の正体は依存症の類であると結論付けた。

 依存症といえば、アルコール依存なら酒、ニコチン依存ならタバコ、ギャンブル依存ならギャンブルが要因となる。

 では発達障害の依存要因とは何か。それは「言葉」である。言葉を読む、見る、話す、聞く、聞こえる、思考で使う等々、脳が〝言葉を使う〟毎に症状は悪化すると考える。

 また、依存症は生活や思考の乱れ、偏りにより他の依存症を牽引する。発達障害者も何かと依存に陥りやすい。

   ◇ ◇

 ギャンブル依存症と「金銭感覚の麻痺」がセットになるように、依存症の症状は「衝動性」と「麻痺」の両面から捉えられる。発達障害も同様に、症状とされる特徴を衝動性と麻痺に分けて考える。

 例えば「関心の偏り」なら「他への関心や注意」が麻痺しているという見方ができる。ケアレスミスや奇異なコミュニケーション、習得力の低さも麻痺の部分に注目することで症状の本質が見えてくる。

 現在では常識の欠如や人格の偏りなど、相手の思考面に何らかの麻痺を察知しただけでも発達障害を疑う風潮がある。

   ◇ ◇

 依存症の症状は砂浜に打ち寄せる波の引き寄せのように、自分の意志とは無関係に強まったり弱まったりする。

 発達障害の症状も常に表れているわけではなく鎮まっている時がある。これはお酒の「酔い覚め」を参考するとわかりやすい。旧ブログのあぶり出し型脳の説明で「仕事中はわからなかったことが帰り道にわかってくる」と言ったが、これは、仕事中は言葉のせいで脳が酔って感覚の麻痺状態に陥る、帰り道では外界の言葉から解放され酔いが覚めることにより思考の整理力が回復する、ということが起きているのだ。発達障害者の一人反省会もこのフローを辿っていると言える。

   ◇ ◇

 発達障害を依存症として扱うことにより、発症機序に遺伝の可能性や出生後の環境を積極的に取り入れることができる。

 遺伝により依存症患者特有の衝動性と麻痺の強まりやすさを引き継いだ状態で生まれてきた、あるいは幼少期から依存症に陥りやすい環境で育った。その境遇が解消されないまま長期活動したことにより、様々な能力の獲得機会を失いながら、脳の衝動性と麻痺に振り回される人生を送っている。それが現代の発達障害者であると考える。

   ◇ ◇

 極端な衝動性と麻痺を抱えたまま長期活動する、という条件を満たせば発達障害と同様の境遇に陥ると考えられる。

 この遺伝の連鎖は、恐らく人類が言葉を使い始めた頃から始まったと考える。