御アクセスありがとうございます

ブログ開始日 2021年12月31日

当ブログの考察は当事者の体験に基づく内容です。ご了承の上でお読みください。

初めての方はこちら

はじめに/目次

 このウィンドウは画面内のどこかをタッチ/クリックすると閉じます。

言壁の棺 — 発達障害考察ブログ

Calm or fact. Choose either.

昔話

昔話51:高校の時、家出をした話

高1のある日の平日、私は家出をした。いつものように学校へ行くように見せつつ、制服ではなく私服で家を出た。家出の理由は日常の全てが嫌になったからだ。 ◇ ◇ 中2の時のいじめ体験で自分の異常性を自覚し、高校は人間関係をやり直す為に自分しか進学しな…

昔話50:中学生の時、クラスメイトの前でペンギンのように手をバタつかせた話

中学生になってすぐだったと思う。私はクラスメイトの前で、ペンギンのように手をピコピコとバタつかせていた。みんなは私をみて笑った。なんでこうなったのか。 ◇ ◇ 入学して2日目だったか、3日目だったかな。まだ入学したてでクラスメイトの名前もほとん…

昔話49:中学生の時、自分一人だけ大声で「ハイ!」と叫びながら挙手していた話

中学生になったばかりの頃。私は授業中、いつも頑張って手を挙げていた。「頑張って手を挙げる」とは大きな声で「ハイ!」と言いながらビシッと挙手をすることである。 そんな風に挙手しているのは私だけだった。 ◇ ◇ 中学生になった私は真面目な生徒になろ…

昔話48:特別学級の生徒がいじめられているのを先生に垂れ込んだ話

中3の3学期。障害児の生徒が複数のクラスメイトからいじめられていた。言葉で茶化す、いじる、時には叩く、蹴る。本人たちは遊びのつもりだろうけど、同じ状況で「いじめる側」と「いじめられる側」、両方の経験がある私にははっきりとわかった。あれはい…

昔話47:【クイズ有り】特別学級の子のお面をてきとーにつくって怒られた話

小5の時だったと思う。文化祭だったか何祭だったのかは忘れたが、クラス別に演劇をする時があって、その準備していた。うちのクラスは給食に出てくるみんなの大好物に扮した衣装を着てみんなで合唱するお芝居だった。 ◇ ◇ 私は3人組のお米チームに割り当て…

昔話46:中学生の時まで続いたオノマトペがクラスメイトの注意一発で治った話

私が話す言葉にはとにかく「オノマトペ」が多かった。オトマトペとは擬音のことである。「キーン」とか「ドーン」とか、私が話す言葉にはそんな単語がよく出てきた。何か意味があってそうしていたわけではない。語彙が乏しかったせいだと思うが、擬音を使わ…

昔話45:高校生になってもオウム返しが治らなかった話

成人後に受けたWAIS-RとIIIでも数値に出ていたけど、私は言葉の習得に遅れがあった。それが原因だと思うのだが、私が話す言葉にはとにかく「オウム返し」が多かった。 ◇ ◇ オウム返しとは相手の言った言葉を用いて返答することである。いろんなパターンがる…

昔話44:コンクリートブロックに唾を吐いたことにより大喧嘩になった話

唾の話その2。これも小6の時の話。たしかAちゃんに唾をかけた件から数ヶ月後のこと。 職員室のある校舎と校庭の間には大きな花壇があり、その日、理由は忘れたが先生の指示で、男子生徒数名で花壇の手入れをしていた。土を掘り返したり、囲いにつかってい…

昔話43:勤め始めたばかりの職場で大泉洋の口真似をして注意された話

中学生ではいじめられ、高校も人間関係に失敗して中退。その後、就職した家業は私が23歳の時に親の自己破産により閉店。それを機に始めた一人暮らし生活は、私にとって人生の再スタートに違いなかった。異常な親との生活もこれで終わり。二度と戻らない、…

昔話42:女子の顔面に唾を吐いた話

小6の土曜の放課後、帰り支度をしていると女子のAちゃんが近づいてきて、なんか怒っていた。Aちゃんは教科書を開いてページの端を指で差しながら言った。 「この落書きルミちゃんがやったんでしょ! もー! なんでこういうことするの!」 身に覚えのない落…

昔話41:入学式のあと教室へ向かう移動中に友達をつくろうとした話

中学生の入学式の最中、私は校長先生の話に感激していた。話の内容は覚えていないけど、「これからの皆さんは小学生とは違う。中学生は大人です」といった感じの話だった。一応言っておくが、どこの入学式でも聞けそうなよくある内容の話、だったと思う。 小…

昔話40:中学生になってもガンダムのおもちゃでブンドドをしていた話

小学生の時、家でやる遊びの1つにブンドドがあった。ブンドドとは女の子がやるお人形遊びの男の子バージョンのことで、使うのはロボットや戦闘機といったおもちゃやプラモデルである。(と説明しているが、実はこの記事を書くにあたってブンドドという用語…

昔話39:友達の家に行くと学習机の引き出しを開けまくってた話

小学生の頃の話。私は友達の家に遊びに行くと、友達の学習机の引き出しを片っ端から開ける子だった。6年間ずっとそうだったと思う。絶対そうしていたのか? と聞かれればそうではない時もあったが、頻度としては「高確率で」としておく。 ◇ ◇ なんで開けて…

昔話38:時間割表が理解できなくて全教科分の教科書と道具を持って行った話

中学生になった日、だったと思う。翌日だったかもしれないが、当日だったということにして話を進める。 入学式当日のもろもろが終わって帰宅した後の夜。翌日から授業が始まるので、時間割表を片手に教科書類の準備を始めた。 ◇ ◇ しかしできなかった。時間…

昔話37:映画のDVDを買ったあと紛失し、近くにいたおじさんをボデイチェックした話

24歳。放浪旅前に一人暮らしをしていた頃の話。ちなみにまだストーカー云々の前の出来事。たぶん統合失調症寄りの話。 ◇ ◇ 休日に駅前まで歩いて行き、駅前のTUTAYAでDVDを買った。(と思う) テレビ放映とレンタルで観たことのある映画のDVDだった。(と…

昔話36:【クイズ有り】友達に誘われたあと勝手に別の友達を呼んで混ぜた話

中1の頃、転部して入った卓球部での話。担任と話し合いをしてまで転部したのに、私は三ヶ月もしないうち部活が嫌になっていた。理由は練習が苦痛すぎた(好き勝手に打てると思っていた)のと、先輩からのいじめである。 その実情を悩みとして正直に話せばよ…

昔話35:自分を怒る者が全て悪人に思えていた

私は中2の時のいじめ体験を通して自分の異常性を自覚できたが、それまでは酷かった。その後も酷かったわけだが、自覚の前は言動の自重を全くしていなかったこともあり、歯止めがなかった。 特に「自分を怒る者が全て悪人に思える症状」は面倒だった。 ◇ ◇ …

昔話34:「今日」がわからなくて日記が書けなかった話。

小4の時だったと思う。全学年か、うちのクラスだけだったのかは知らないが、毎日日記を書いて先生に提出していた。一時の間だけだった気もするが、そのへんの細かいことは忘れた。少なくとも宿題という扱いではなかったと思う。 ◇ ◇ 小4の時の担任は記憶違…

昔話33:人に心が読まれていると思った話2

高校中退後に就職した両親の飲食店が経営難により、私が23歳の時に自己破産した。その後、店舗兼住宅の家がなくなるに伴い、私は親元を離れて一人暮らしをすることにした。 ◇ ◇ 当時はまだ発達障害のことは本で知っただけで、ただの診察も受けていない状態…

昔話32:三角定規の先端よりこわいものの話

掃除機は過去の話。これは現在進行形。 とがったもんがこわい。三角定規はその代表例である。どっちかっていうとコンパスの針よりもこわい。コンパスの方が鋭いのに、なぜか三角定規の先端の方がこわい。たぶん三角定規のほうが、刺さった時の傷口がひどいこ…

昔話31:掃除機の音がこわかった話

いつだったかは忘れた。幼児期から小学校低学年の間だったと思う。掃除機の音がこわかった。とてもこわかった。なんでこわかったのかはわからない。 掃除機に襲われたことはないし、掃除機を模したこわいものを見た記憶もない。とにかくあのフォオオオオオオ…

昔話30:【クイズ有り】家庭教師に教えてもらっている最中あくびをしまくった話

これは小2の時だったはず。ある日、母が私に家庭教師をつけた。当時の私にとっては突然のことだったが、ちゃんと経緯がある。 ◇ ◇ 小1の夏休み、私は夏休みの宿題を最終日までしなかった。夏休みが始まった時に母が宿題の有無を確認したそうだが、私は「な…

昔話29:映画鑑賞を途中でやめるを繰り返して図書館の人を困らせた話

小学生の頃の話。小5の時だったかな? 近所にある市立図書館ではレーザーディスクで映画が観れた。無料である。利用したい人は予約用紙に観たい映画と人数を書いて受付に持っていく。予約時間になったら受付でヘッドフォンとレーザーディスクを受け取り、あ…

昔話28:なんにも調べないで「埋蔵金」とだけ言って授業を止めた話

このエピソードはよく覚えている。強すぎる衝動性に意識の主導権を奪われていた小学生の私でも、「勉強だった」と思っているエピソードがあり、これはその内の1つである。 小5だったか小6だったか、授業は社会だったか歴史だったか、そこは忘れたがここか…

昔話27:水溜まりに投げ捨てられたお菓子を食べた話

最初に言っておくが、毎日ではない。そしてこの話に特別な経緯もオチもない。 小1の時の話だ。私と男子1名、女子2名と公園で遊んでいて、女子だけがお菓子を持っていた。私と男子1は「お菓子ちょうだい!」としつこく迫った。女子は「えー、やだよーw」…

昔話26:貧乏が嫌だった話

貧乏は嫌だ、という恐怖心に掻き立てられていた時期がある。小1〜小2(1989年〜1990年頃)くらいの時だったと記憶している。 ◇ ◇ 貧乏だとテレビゲームは買ってもらえないし、家にクーラーもない。かき氷も食べれないし、お菓子も買えない。ご飯も…

昔話25:自分は同性愛者ではないかと悩んだ話

21か22歳くらいの時だったと思う。その頃の私は高校中退と同時に入社した家業の飲食店で働いていて、うだつの上がらない日々を過ごしていた。皿洗いの業務用洗剤で手はあかぎれだらけでボロボロ、経営は自転車操業でクレジットカードローンの支払い地獄…

昔話24:一人で上着が脱げなかった話

小学生の頃の話。体育の授業があると、その前の休み時間に体操着に着替えなくてはならない。私はその時間がちょっと嫌だった。上着がうまく脱げないからだ。 ◇ ◇ 具体的に言うと、上着を脱ぐ動作に伴い、首から頭の天辺に向かって上着が通過するその一瞬がす…

昔話23:人に心が読まれてると思った話1

高1の一学期半ば、クラスメイトと話している時に違和感を覚えるようになった。自分の思考が周りに漏れているという気がしたのだ。それはまぁまぁ強い不安だった。 ◇ ◇ その現象について数日ほど考えた末、不安が強まる時は決まって「クラスメイトと何気ない…

昔話22:図書館の返却ボックスにゴミを捨てていた話

小2か小3の時だったと思う。当時の私は日曜日によく図書館へ行った。近所の図書館では無料でレーザーディスクの映画が観れたのと、少しだけ置いてある漫画が目当てだった。 ◇ ◇ だだだっと子供走りで町を駆け抜け、図書館へ着いた私はまず、いつものように…